あれこれ

あなたの替わりはいますから!

私の職場で夏ごろに表面化した問題。その後は何事もなかったかのような日常が続いているように見えました。でも私たちモブの知らないところで物事は着々と進められていたようです。次の一手はどう出るのか、どうなるのか。
卒婚

薄れっちまった過去の幻影

偶然見かけた光景は、遠い記憶をぼんやりと映しだしました。若さがラッピングした本質の形は年月とともに原型を現わして、修正も加筆もされないまま放置されてきました。変わり果てた今の姿は、かつての在りようなど何の意味もなさないと物語っています。
おでかけ

かっぱ橋道具街で「ヤッター!」な出会い

お天気は良いぞ。週末から寒くなるぞ。せっかく暖かいのに外出しなくていいのか⁈と自分に聞いてみたら、「かっぱ橋なら行こうかな」という気持ちになりました。1年間探してるペッパーミル。遠くないしぶらぶら歩くにはちょうどいいかも。
卒婚

元気もやる気も出ない夜

昔のことを一旦思い出すと、芋づる式に思い出されるのはどうしてでしょうか。大抵はすっかり忘れていたような思い出したくない事ばかり。あわてて記憶のかなたに追いやるのですがその残像と気持ちのざわつきは少しの間尾を引くのです。
卒婚

生々しい『訴状』の中身

なぜ離婚したいのか、私の訴えを記した文章は火サスのように生々しいものでした。裁判所に提出する書類と聞けば、シロウトが読んでも意味不明な専門用語で埋め尽くされたお堅いものというイメージ。それが案外違ったんですね。
卒婚

年金分割するとしないでは大違い

熟年離婚する場合、年金分割をすると年金額にかなりの差が出ることが分かりました。年金分割って知っているという方多いのでしょうか?私は恥ずかしながら当事者になるまであまり知りませんでした。請求する期限もあるそうです。
卒婚

訴訟に必要な〝年金分割のための情報通知書〟が届いたのはいいけれど

離婚訴訟に必要な書類の準備をしています。戸籍謄本の取得は本籍地に郵送で依頼するため1週間以上必要です。”年金分割のための情報通知書”は申請書に必要事項を記入して戸籍謄本と身分証をもって申請すると1カ月後くらいに漸く手にすることが出来ます。
あれこれ

人生、何を原動力に生きるのか

同じ状況下にあっても感じ方が様々なように、その反応も人それぞれ違ってきます。それは性格によるものとも言えますが、人生において何が重要かというような、生き方の違いともいえる根本的な話なのかもしれません。
あれこれ

どうした⁈ 私の顔

化粧品が合わないと肌荒れになることありますよね。でも今回私が経験しているのは、口。唇だけがいきなり乾燥し始めて皮がむけ、炎症まで。昨日まで普通だったのに、いったいなぜ?心当たりを探っていたら「やっぱり」というような結論に。
あれこれ

お酒を飲むことが増えました

長年、晩酌どころか外食先でも運転のために飲むことを控えているうちにすっかりお酒に弱くなってしまいました。というと前は強かったみたいですが、すみません見栄を張りました。強くなくても好き嫌いがあるし、弱くても楽しむことはできるんですね。
あれこれ

『カード決済に失敗』ってどういうこと?

支払いは現金かクレジットカードだったころが遠く感じます。私の住む地域はまだ現金払いも案外多いのですが、ネット決済も最早当たり前の時代になりました。それと同時にセキュリティ対策も日進月歩。いろいろ変わっていくのが当たり前なんですね。
卒婚

〝決めるから叶う〟は本当かも

「こうなりますように!」いままで何度も口にした願いのことば。でも考えてみればそう願ったことより、「大丈夫、行けると思う!」と強くこころに決めたことが叶ってきたような気がします。覚悟をもって事に当たるとき、人は最強になれるんじゃないかな。
あれこれ

洗濯機、やっぱり修理で感じたこと

購入して1年余りで修理となった洗濯機。内心「ちょっと早すぎない?」と不満に思っていたけれど、対応の良さにそんな気持ちは無くなりました。それよりも修理に来てくださった担当の方の様子に全く関係のない感慨を覚えたのでした。
卒婚

これだった!偶然見つけた相手方の〝生き様〟

長年感じてきた相手方に対する違和感は、真相がわからぬまま別居となりました。もう2度と一緒に暮らすことのない相手。その違和感がどこから来るのか考える必要も無くなった先日、思いがけないことから目の前に真実が現れました。
卒婚

確実に離婚できる道を選ばない理由

長い結婚生活を終わりにするために裁判に踏み切った私。でも別居生活を続けていれば確実にいつかは離婚できるのに、どうして今裁判しなきゃいけないの?という声がどこからか聞こえてきました。ごもっともです。なんですけど・・・
タイトルとURLをコピーしました